ANAを利用して海外旅行を計画されている方もいることでしょう。海外旅行もできれば日系の航空会社を使いたいといった人は多く、ANAは人気となっています。

旅行先として人気の高いベトナムもANAの直行便があるのでそちらの利用を検討してみるのも良いかと思います。

ベトナムと言えばホーチミンかハノイか迷いますが、すでにホーチミンに行ったことがある人はハノイ行きを検討してみてはどうでしょうか?ハノイはベトナムの首都でホーチミンに比べるとのどかですが見所が満載の地です。

ハノイですが街自体がそんなに大きくなく自転車で回ることも可能です。アクティブに行動したい人は自転車を借りて自力で観光するのもおすすめです。

ハノイでまず行ってみたいスポットと言えば「旧市街」です。旧市街はハノイ36通りとなっています。

宿泊先もこの周辺といった人が多いかもしれません。
ここはベトナムの昔から暮らす人々の生活を身近で見ることができます。またその中を欧米人など観光客が行き来し不思議な空間となっています。

ハノイは海外からのゲストも多く、外国人の姿も多い場所です。

ここは夜ナイトマーケットが開かれます。靴の専門店や雑貨の専門店、Tシャツの専門店など色んなお店があるのでぜひ除いてみましょう。

購入時は交渉が必須です。半額くらいになることもあるので、相場を理解するためにも交渉を続けましょう。

昼間も色々なお店が出ており、お土産などを購入することが可能です。
ハノイは今、進化し続けています。高級コンドミニアムの建設も進んでおり、活気あふれる街です。ハノイは治安も悪くありません。

ただしスリなどは注意が必要です。泥棒からみたら私たちは一発で観光客とわかってしまいます。またベトナムはバイクが非常に多いです。

バイク天国と言われる理由が現地に行くとよくわかるかと思います。バイクには十分気をつけて行動してください。ベトナムはバイク事故も非常に多いです。ハノイではショッピングについても楽しむことができます。雑貨は日本人の女性の心をつかんでやまない可愛い商品が多数あります。

ハノイの旅ではマスクについても持参がおすすめです。バイクの排気ガスがすごいので、喉を防止するためにもマスクが良いでしょう。

ANAの予約ですが、最近はインターネットから直接予約する人も多く見られます。予約完了後は自分宛にメールで予約確認書が届くのでそれに従って手続きをしましょう。
支払いまで完了していれば、あとはANAのチケットを印刷して空港へもっていけばOKです。
ANA航空予約の決定版 | ANAの航空券の最安値はスカイチケット

ANAでハノイ入りを計画されている方もいることでしょう。ホテルもインターネットで簡単に予約できるので、最近は個人で航空券からホテルまで手配される方が増えています。海外のホテルも日本語対応で取れるのでとても便利です。

ANAを予約した人は予約確認についてもしっかり行いましょう。個人で予約した場合、うっかり日付を間違ったというトラブルもけっこうあります。これも完全に自己責任なので予約確認の際に日付や時間は何度も確認したほうが良いでしょう。安いチケットの場合、予約変更ができないタイプのものは多額の手数料がかかる場合があります。

こうしたことから自分で予約する際は、「絶対に間違わない」というのが重要なポイントです。
ハノイ行きの準備が整ったらハノイ観光を調べてみましょう。ハノイは首都となっていますが、ホーチミンに比べて街の規模が小さくコンパクトで見学がしやすくなっています。自転車を利用して観光する人もいるほどです。

ハノイでぜひ行ってほしいのが「旧家保存館」です。こちらは「87マーマイの家」とも呼ばれています。
ここはハノイの商人の家です。風通しのいい部屋や台所、中庭の構成となっており見ているだけで気持ちいい気分になります。ここの中にはショップも点在しており、小物や箸、食器、象嵌などがあります。

ついほしくなるお土産たちです。静かなのでここでくつろぐのも最高です。この周辺に行く機会があればぜひ立ち寄ってみてください。

ここの街は旧市街に位置しており、伝統的な中国風の建物です。木造民家となっており、日本とも似たような空気を感じます。ここは19世紀後半に建設されました。当時の商人たちは裕福だったことがわかります。
ベトナムと言えば水上人形も欠かせないスポットです。「タンロン水上人形劇場」では連日水上人間劇を実施しています。こちらは現地でチケット購入も可能なので、ふらりと立ち寄ってみるといいでしょう。

ここでは人形が水面で自由に動く劇が展開されます。どういう風に動かしているか?は内緒だそうです。実際に水の中で人が操作しています。

ベトナム語で劇は展開されますが、見ているだけでも面白いです。ここの人形は手づくり感があります。農村にむかしからつたわっています。人形たちのコミカルな動きにも注目したいところです。

チケットですが、前売り券もあるのでそちらもおすすめです。ツアーに手続きできます。タンロン水上人形劇場もぜひ足を運んでみてください。

ANAの航空券を予約確認

by user on

ハノイ入りならANAの利用がおすすめです。海外旅行に不安を抱えている人はそれこそ日系の航空会社を選ぶといいでしょう。ANAも安いチケットを販売していることがしばしばあります。セールなどを狙ってチケットを購入してみるのもおすすめです。ところでANAの予約ですが、公式サイトから行うことが可能です。

公式サイトから予約した場合、予約確認もしっかり行うよう心がけましょう。特に夜中や早朝の場合、時間や日付に注意が必要です。予約確認を何度もしてから予約することをおすすめします。もし間違うとペナルティーが発生する可能性があります。

ハノイと言えば「バインミー」はぜひ食べたいメニューです。バインミーはベトナム風サンドイッチと言われており、人気メニューです。ベトナムはかつてフランスの植民地でした。その影響からベトナムではフランスパンが流通しており、ベトナムの人たちも朝はフランスパンでサンドイッチという人もけっこういます。

またベトナムフランスパンは生地もとてもおいしいです。本場のフランスパンに近いイメージで食べることができます。

ただし1つ注意があります。バインミーはパクチーを大量に入れる場合があります。パクチーは好き嫌いが分かれる食べ物です。好きな人は問題ありませんが、苦手な人はあらかじめ「パクチー抜き」でと注文しましょう。パクチーは英語で「コリアンダー」と言います。「NO コリアンダー」でも通じます。

ホアンキエム湖についてもおすすめのスポットです。ここは市民たちの憩いの場としても親しまれています。ハノイにある公園で湖を囲む形となっています。夜はライトアップされるので、日没後に訪れるのも良いでしょう。

ここは朝の散歩もおすすめです。ホテルから近いならここを訪れるのも良いかと思います。またこの周辺はカフェが点在しています。カフェで休みつつ、公園散策をするのがおすすめです。

シートを持参して本を読んでいる人や水辺を散歩している人など色んな人がいます。疲れたらこの周辺で一休みするといいでしょう。
観光客についても多く見られます。気兼ねなく散歩したいところです。

ハノイには伝説の大亀が住んでいるという伝説があります。その伝説の湖こそがこの湖です。ハノイにとってラウンドマークとも言える存在で、散歩したいときはこころ目指すといいでしょう。

湖には島があり、玉山祠というスポットがあります。ここでは大亀の剥製が祭られています。ハノイはわくわくするスポットが盛りだくさんです。旅行についても楽しみですね。

航空チケット案内

by user on

ハノイ行きのチケットを確保したという人もいることでしょう。ANAはハノイにも直行便が就航しています。海外旅行が初めてといった人もハノイであれば比較的安心して旅行できるかと思います。

またANAの場合、飛行機の移動中に日本語でやりとりすることが可能なので、その点も便利です。現地でもしものトラブルがあり、飛行機変更等が必要な場合でもANAに連絡するすなわち日本語対応なことから、対応が大変スムーズとなります。

ANAのチケットですが、予約確認については自分ですることとなります。海外行きのチケットは再確認が必要な場合もあります。しかしANAについては日本国内で購入したものは1度買ってしまえば、確認の電話等は不要なケースがほとんどです。

心配な方は予約確認について問い合わせみるといいでしょう。
ハノイの観光スポットといえば「セント・ジョセフ教会」についても欠かせません。ここは「ハノイ大教会」とも呼ばれています。ハノイ大教会はハノイで最も大きい教会であり、ハノイの中心地にあります。ホアンキエム湖のすぐ近くです。

ここの教会はフランス人がハノイに侵略した後、1884年から1886年の間で建設されました。2年がかりで建築されたのですが、現在のような姿になったのは20世紀に入ってからです。この建物はネオゴシック様式となっています。2つの尖塔がシンボルです。

ここはもともと800年以上の歴史を持つ古代バオティエン塔があった場所です。ベトナムは仏教徒が多い地でした。侵略によって信仰の歴史も変化が出始めます。またハノイでひときわ目立つのが仏教寺院です。こちらもシンボル的な存在です。

クリスマスシーズンは新年とあわせてみごとなライトアップがなされます。とても綺麗なので可能であれば年末年始を狙ってベトナム入りしたいところです。

ロンビエン橋についても訪れたいスポットです。ここは鉄道線路が走っています。長さは1700mほどあり、ハノイとハイフォンを結ぶ鉄道のために建設された橋です。この橋は一体いつ建設されたものだと思いますか?

なんと1899年に施工されたものです。3年がかりで建設され1902年に完成となります。
アジア各国ではこうした古い鉄道が今も利用されており、現役で活躍しているところも少なくありません。これもまたアジアらしさと言えます。アジアを満喫したい人は鉄道についてもチャレンジしてみるといいでしょう。

ベトナムはベトナム戦争の歴史もあり、アメリカから攻撃された箇所もあります。ここの橋についてもその標的の1つでした。修繕されておらず、そのまま残っています。

ANAの予約手配

by user on

ANAの予約手配を検討している方もいることでしょう。ANAの利用は国内線はもちろん国際線もおすすめです。国際線についても路線が豊富で直行便がある場合もあります。
例えば近年人気沸騰中の国である「ベトナム」。1度は行ってみたいといった人が多いことでしょう。

ベトナムは北部、中部、南部と見どころが多く1度に周るのは大変かと思います。そこでまずはハノイから行ってみるのもおすすめです。ホーチミンは大きな町でかなり近代化されています。一方ハノイはまだベトナムらしさが残っています。

ベトナムらしさも今のうちかもしれません。ハノイも近年はどんどん進化しています。そうした理由からまずはハノイに行ってみることをおすすめします。

ハノイ行きが決まったら、航空券の予約確認を行いましょう。予約はネットで自分でするといった人もいれば、旅行代理店で予約するという人もいるかと思います。基本的にどちらでもいいのですが、予約確認はしっかりしておきましょう。

万が一、1日ずれていたなんてことになったら大変です。特に間違いやすいのは0:55発などのフライトです。前日の夜には移動というのが、当日の夜だと思い込んでいる人もたまにいます。紛らわしいですがしっかり確認しましょう。

ハノイではタンロン遺跡についても訪れてほしいスポットです。タンロン遺跡は11世紀から19世紀にかけて王宮があった場所です。もともとはタンロンやトンキンという呼ばれ方をしていました。

タンロン遺跡は約800年ほどの歴史があります。王朝がここに王宮を構えていた場所です。しかし異なる王朝でもあるので異なる王朝の遺跡が発掘されるというちょっと異例の事態でもあります。

ここは2010年に世界遺産登録がなされています。ベトナムにとって貴重な遺跡であることがわかることでしょう。
ベトナム遺跡ですがベトナム戦争の影響を受けているものもあります。遺跡の南の方には「軍事歴史博物館」があります。こちらは戦闘機などもあり当時のままの姿が残されています。

鎮国寺についてもおすすめのスポットです。このお寺はハノイ旧市街地中心部にあります。ここは湖畔周辺の最古の寺院です。ここが開山されたのは544年~548年のことで李南帝の時代となっています。もともとは紅河にあったのですが17世紀に移転しています。

このお寺はもともと開国寺という名前のお寺でした。移転の際に鎮国寺と名前が改められました。中には多くのお釈迦様や神仏、偉人の像があります。